中小企業の助成金専用相談窓口

    働き方改革推進助成金支援協会

時間外労働等改善助成金「勤務間インターバル導入コース」締切

一般社団法人働き方改革推進助成金支援協会広報担当です。

本日は好評でした時間外労働等改善助成金「勤務間インターバル導入コース」の締切のご案内です。

※以下厚生労働省引用
「勤務間インターバル」とは、勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保し、健康保持や過重労働の防止を図るもので、2019年4月から、制度の導入が努力義務化されました。
このコースでは、勤務間インターバルの導入に取り組む中小企業事業主の皆さまを支援します。
是非ご活用ください。

※ 本助成金でいう「勤務間インターバル」とは、休息時間数を問わず、就業規則等において「終業から次の始業までの休息時間を確保することを定めているもの」を指します。なお、就業規則等において、○時以降の残業を禁止し、かつ○時以前の始業を禁止する旨の定めや、所定外労働を行わない旨の定めがある等により、終業から次の始業までの休息時間が確保される場合においては、当該労働者について勤務間インターバルを導入しているものとします。一方で、○時以降の残業を禁止、○時以前の始業を禁止とするなどの定めのみの場合には、勤務間インターバルを導入していないものとします。

この度申請数が非常に多かったため
Ⅰ.2019年度の受付を開始しました。なお、交付申請期限は2019年11月15日までです。
Ⅱ.時間外労働等改善助成金全体の交付申請件数の増加により、交付・不交付の決定までに時間を要しております。
との案内も追加されておりました。

今年度勤務間インターバル制度を導入した企業様の労働環境が良くなるよう我々も支援できればと存じます。

ページトップ
English »