中小企業の助成金専用相談窓口

    働き方改革推進助成金支援協会

勤務間インターバル制度とは?平成31年4月から努力義務化

一般社団法人働き方改革推進助成金支援協会広報担当です。本日は勤務間インターバル制度ついてご案内です。

勤務間インターバル制度とは?

ワーク・ライフ・バランスの確保
【勤務間インターバル】とは、労働者が勤務時間終了後に一定時間以上の休息時間を取ることで、プライベートな生活時間や睡眠時間を確保するといったものです。

2018年6月に成立した働き方改革関連法に基づき労働時間等設定改善法が改正され、事業主の努力義務として前日の終業時刻から翌日の始業時刻までの間に、一定時刻の休息を確保することが決まりました。(2019年4月1日施行)
参考資料

勤務間インターバル – 都道府県労働局(労働基準監督署、公共職業安定所)

「勤務間インターバル」制度導入に関する助成金
勤務間インターバルの導入に取り組む中小企業事業主の皆さまを支援するため、「時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)」をご用意しています。

時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)については、こちらをご覧ください。
参考資料

時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)

ページトップ
English »