中小企業の助成金専用相談窓口

働き方改革推進助成金支援協会

新型コロナウイルス感染症対策のための職場意識改善特例コースのご案内

時間外労働等改善助成金
新型コロナウイルス感染症対策のための職場意識改善特例コース

新型コロナウイルス感染症の1つとして、病気休暇制度やお子様の休校・休園に関する特別休暇制度を整備し、従業員が安心して休める環境を整備する事が重要です。このコースでは、特別休暇制度を新たに整備の上、特別休暇の取得促進に向けた環境整備に取り組む中小企業主を支援します。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisiki.html

対象
・労働者災害保険の適用事業主で、特別休暇の規定の整備を行う中小企業の事業主
助成対象の概要
・特別休暇を就業規則に規定することに向けて、支給対象となる取組費用の一部を助成(助成率3/4等)します。

助成金上限額:50万円

助成対象となる事業実施期間
事業実施期間中(令和2年2月17日(月)から同年3月25日(水)まで)に取組を実施してください。
※令和2年2月17日から同年5月31日までの取組について、令和2年4月以降に申請開始する「働き方改革推進支援助成金」でも、助成を行う予定です。

支給対象となる取組

いずれか1つ以上実施してください。

  1. 労務管理担当者に対する研修
  2. 労働者に対する研修、周知・啓発
  3. 外部専門家(社会保険労務士、中小企業診断士など) によるコンサルティング
  4. 就業規則等の作成・変更
  5. 人材確保に向けた取組
  6. 労務管理用ソフトウェアの導入・更新
  7. 労務管理用機器の導入・更新
  8. デジタル式運行記録計(デジタコ)の導入・更新
  9. テレワーク用通信機器の導入・更新
  10. 労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新
    (小売業のPOS装置、自動車修理業の自動車リフト、運送業の洗車機など)
  • ※研修には、業務研修も含みます。

 

ご不明な点等ございましたらご連絡お願い致します。
一般社団法人働き方改革推進助成金支援協会
お問い合わせ先
0120-54-6579

ページトップ
English »