子育てや介護とキャリアの両立を支える:成功企業に学ぶ両立支援の実践事例

近年、人材不足や長時間労働問題への対応が求められる中、多くの企業が働き方改革に取り組んでいます。

子育てをしながら働きやすい環境をつくることもその一つです。

しかし、業種によって課題やニーズは異なるため、一概に同じ方法が成功するわけではありません。

両立支援の格差を解消し、特に中小企業でも取り組みやすくするための助成金や多様な働き方を支援する制度に加え、実際に成功している3つの異なる業種の事例を紹介します。

これらの情報が、皆さんが行動を起こすためのヒントとなれば幸いです。両立支援の格差を解消し、中小企業でも実践できる助成金や多様な働き方を支援する制度を探求しましょう。

事例1: 建設業(塗装、建築等)

  • 従業員数: 26人(女性8人)
  • 認定・表彰: くるみん認定、均等・両立推進企業表彰

取組内容

  • 子育て支援:育児休暇(3日間有給)、 子の看護休暇、育児短時間勤務、始業・終業時刻の柔軟な調整、男性の育児休業取得奨励、休憩室にマッサージチェア、空気清浄器などを設置
  • 介護支援: 介護休暇の有給化、介護サービス利用費用の一部助成
  • その他: 出産祝い金、保育料補助、子ども手当の支給

成果

  • 従業員の離職率低下、若手人材の育成、業務品質向上、地域活動の活発化などの効果を実現

事例2: 専門商社(建設機械・農業機械等の産業機械部品)

  • 従業員数: 85人(女性34人)
  • 認定: くるみん認定

取組内容

  • 子育て支援:仕事と育児・介護の両立支援、育児短時間勤務制度対象者を小学校就学までに拡大、独自育休手当を支給、テレワーク、男性育児参画
  • その他:賃金制度改革、職場環境の改善、休日の増加(年間休日124日、1時間単位の有給休暇40時間設定)、全国5万カ所の施設利用可能な福利厚生サービスを導入

成果

  • 離職率の大幅な低下、売上高倍増、新卒エントリー数3倍増、女性マネージャー比率20%上昇などの効果を実現

事例3: ビルメンテナンス業、不動産業

  • 従業員数: 95人(女性51人)
  • 認定・表彰: くるみん認定、ダイバーシティ経営企業100選

取組内容

  • 子育て・介護支援:保育料の半額補助、育児短時間勤務(小学校高学年まで利用可)仕事と育児・介護の両立支援、テレワーク、再雇用制度
  • その他: 多能工化の推進、チーム制での支援、休暇取得の容易化

成果

  • 男女ともに働きやすい職場、女性の活躍の場増加、男性の負担軽減、顧客満足度向上、採用活動の活性化などの効果を実現

共通点とまとめ

これら3つの企業に共通するのは、従業員の多様なニーズに応えるための柔軟な制度の導入と、職場の環境整備に積極的に取り組んでいる点です。また、企業の認定や表彰を通じた公的な評価が、外部への良いイメージ発信につながり、結果として優秀な人材の獲得に成功しています。

結論として、子育てしながら働きやすい企業文化を築くことは、従業員の満足度の向上だけでなく、企業の競争力強化にも大きく寄与します。企業が長期的な成長を目指す上で、このような取り組みは今後もさらに重要性を増していくでしょう。